健康状態を記録できるAI対話エンジンが「TOKYO 戦略的イノベーション促進事業」に決定

AI対話エンジン「LIFE TALK ENGINE」を開発・提供するウェルヴィル社が、東京都中小企業振興公社が実施する「TOKYO戦略的イノベーション促進事業」 に選出されました。今回のプロジェクトでは、日々の何気ない会話から健康状態を記録できる仕組み作りを目指します。

Edge POINT

  • AI対話技術「LIFE TALK ENGINE」を活用し、日々の会話を記録
  • シートセンサーと連携してバイタル情報(脈拍、血圧、呼吸、体温)を取得
  • 日常的に蓄積されたデータを、個人や家族が利活用するサービスを構築

AI対話で日常会話を記録し、バイタル情報と共に健康をサポート

近年日本では少子高齢化が進み、平均寿命が延びている中で、健康寿命の延伸に高い注目が集まっています。健康な状態で過ごし続けるための未病対策が重要とされるものの、日々自身や家族の生活習慣を記録して確認し、健康状態を維持することは容易ではありません。

そこで本プロジェクトでは、ウェルヴィル社のAI対話技術「LIFE TALK ENGINE」を活用し、自然に日常生活を送りながら健康管理に必要な情報を対話アバターや対話ロボットによってキャッチし、日記のように記録することで健康をサポートする仕組みを実現します。

さらにシートセンサーと連携してバイタル情報(脈拍、血圧、呼吸、体温)を取得するなど、外部データと合わせ健康管理に必要な情報の精度を向上させます。これらの日常的に蓄積されたデータを、個人や家族が利活用するサービスを構築します。

TOKYO戦略的イノベーション促進事業とは
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/tokyo-innovation.html
中小企業のための公的機関である東京都中小企業振興公社が、東京都の策定した「イノベーションマップ」の開発支援テーマに該当する技術・製品開発を支援する助成事業です。企業は、自社のコア技術を基盤として社外の知見やノウハウを活用し、東京から世界を変える革新的な大型の技術・製品開発を推進します。

リリース:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る