三菱地所レジデンス、AI対話システムで“デジタルツイン”の冨永愛さんと会話ができるチャットボットを導入

2022年7月28日に公開された三菱地所レジデンス社の「ザ・パークハウス」の室内を再現した仮想空間「SUPER MODEL ROOM」において、“デジタルツイン”の冨永愛さんと会話ができるAI対話システム「AI Messenger Chatbot」が導入されました。

Edge POINT

  • 室内を再現した仮想空間で冨永愛さんのデジタルツインと対話が可能
  • 音声はAI音声合成技術で実現され、わずかなニュアンスの違いを表現し自動生成
  • 合成された音声データから母音を推定し、発話タイミングにあわせて自動的に自然な口の動きを適用

AI技術研究により自然な音声と口の動きを再現

2022年7月28日(木)にオープンしたザ・パークハウス『SUPER MODEL ROOM』の特設サイトでは、『SUPER MODEL ROOM』の住民として入居している“デジタルツイン”の冨永愛さんが、ルームツアーの案内人となり「こだわりの暮らし」を紹介しています。ブラウザ内では、解放感のある「リビング」や、快適でシンプルな「キッチン」の他に、計9つの空間を自由に巡ることが可能です。

すべての部屋は、現実世界の時間と紐づけられているため、ユーザーは特設サイトを訪れる時間によって、昼や夜で変わる日差しの角度など、変化する部屋の雰囲気を楽しむことが出来ます。また、『SUPER MODEL ROOM』の機能のひとつであるチャットボットでは、“デジタルツイン”の冨永愛さんにお気に入りの家具について質問をしたり、コメントの投稿ができます。

AIチャットボット「AI Messenger Chatbot」を提供するAI Shift社は、サイバーエージェントのAI技術研究組織「AI Lab」と連携しながらプロダクトの開発に取り組んでいます。本チャットボットでコミュニケーションをする“デジタルツイン”の冨永愛さんの音声は、「AI Lab」が持つAI音声合成技術で実現されました。わずかなニュアンスの違いを表現できる抑揚技術により、本案件全ての音声を自動生成しています。

また、回答時の冨永愛さんの映像生成においては、合成された音声データから母音を推定し、発話タイミングにあわせて自動的に自然な口の動きを適用する技術を活用しています。

AI Shift社は「メタバース市場の拡大に伴い、チャットボット・ボイスボットを活用したメタバース上の店舗での接客やお問い合わせ対応が進んでいくと考えております。AI Shiftでは今後、独自の技術を用いた対話エンジンを活用し、リアルにとどまらずメタバースなどの分野においても、対話のDXを推進してまいります。」とコメントしています。

リリース:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る