機械学習をコアとするジェネレーティブデザインで3Dモデリングした日本刀「TACHI」を発表

Final Aimとstudio仕組は刀匠15代目河内守國助と、機械学習などによりモデリングされた3Dデータを元にした日本刀のアート作品「TACHI」(タチ)を発表しました。

Edge POINT!

  • 機械学習によるモデリング手法を導入し3Dデータを生成
  • グリップ、強度、材料設定と使用量の最小化など各種パラメータを最適化
  • ブロックチェーンなどにより真正性やオーナーシップなどの課題を解決
  • 実物の作品にも証明情報を刻印

刀匠と機械学習モデリングのコラボレーションプロジェクト

デザインとデジタル製造業領域を中心にWeb3事業を展開するFinal Aimと、日本の様々な職人やアーティストの支援およびプロデュース事業を行うstudio仕組による、コラボレーションプロジェクトによって生まれた日本刀のアート作品です。

本作品は、真正性やオーナーシップなどの課題解決をブロックチェーンなどによるテクノロジーにより解決し、作品に証明情報を刻印することで、リアルとデジタルで相乗的に価値を高める作品としている。

デザインは「ジェネレーティブデザイン」を導入し、機械学習とクラウドコンピューティングにより快適なグリップや強度の最大化、材料設定と使用量の最小化するとしています。

また、デザインプロセスから最終3Dデザインデータまで、Final Aimが展開するデザインとデジタル製造業のWeb3プラットフォーム「Final Chain」上で統合管理し、ブロックチェーンなどにより、デザインやデジタルファブリケーションにおける真正性やオーナーシップなどの課題を解決したとしています。
実物の作品にも証明情報を刻印することで、リアルとデジタルで相乗的に価値を高めるデザインを実現したとしています。

リリース:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る