サイバーエージェントとNVIDIA、高度なデジタルヒューマンの実現に向け協業を開始

サイバーエージェントとNVIDIAは、高品質なデジタルヒューマンの開発をはじめ、3DCG技術、AI コンピューティング インフラストラクチャ構築を目的に協業を開始したと発表しました。

Edge POINT!

  • 日本市場の固有ニーズに対応した3DCG技術の共同研究
  • 実在する人間を元にデジタルヒューマンにより自然な発話を実現
  • 両社の研究開発力およびサービスへの実装力で社会実装拡大の実現に取り組む

高度なデジタルヒューマンの実現へ

本協業では、NVIDIAが提供するNVIDIA Omniverseなどを活用し、デジタルヒューマンの研究開発を加速させ、さらには日本市場固有ニーズに対応した3DCG技術の共同研究を行うことで、AIでクリエイティブの新たなステージとビジネス機会の創出を目指すとしています。

サイバーエージェントが有しているAI研究開発組織「AI Lab」の3DCG技術を活用したビジネス展開と、NVIDIAが世界でリードしているグラフィックス、シミュレーションおよび AI における高度なテクノロジとで、両社のもつ研究開発力とサービスへの実装力とで、さらなる3DCG技術の発展と社会実装拡大の実現に取り組んでいくとしています。

デジタルヒューマンにおける開発では、精密でフォトリアリスティックな3DCGモデルの制作に合わせだけでなく、人間の精細な感情の表現も重要なため、最先端の機械学習手法を取り入れた高度なAI映像表現の実現が課題とされています。

特に、顔や体を高精細に表現するCG技術や、映像と音声を一致させるリップシンク技術、そして、膨大なパターンのコンテンツ生成が必要とされます。

サイバーエージェントは、著名人のデジタルツインをキャスティングする事業においてOmniverseおよびOmniverse Audio2Faceを活用することで、実在する著名人のデジタルアバターのクリエイティブ制作およびより自然な発話を実現し、多種多様な広告の生成を目指すとしています。

さらに、Omniverse Audio2Faceを日本語の自然言語処理や音声合成と結び付けるため、両社は今後、日本語対応の共同研究を視野にいれているとしています。日本語の形態素解析や感情分析 をもとに Omniverse Audio2Faceを日本語対応させることで、デジタルヒューマンの日本語発話の精度向上と共に、さらなる高度なデジタルヒューマンの実現への道筋となることが期待されます。

リリース:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る