国内最安値でGPUを手軽に使えるVPS提供開始

NTTPCコミュニケーションズが、NVIDIA A100 Tensor コア GPU (以下、NVIDIA A100)を活用したAI・ディープラーニング用途に特化したVPS サービス「WebARENA IndigoGPU(TM)」の提供を開始しました。

Edge POINT

  • NVIDIA A100を国内最安値である月額課金タイプ223,133 円(税込)で利用可能
  • 定額料金と従量料金からニーズに合わせて選べる
  • 環境構築の手間を省ける

国内最安値の月額料金で「NVIDIA A100」利用が可能

「WebARENA IndigoGPU(TM)」は、GPUサーバー「NVIDIA A100」を、最低利用期間なしで国内最安値である月額課金タイプ223,133 円(税込)で利用が可能です。(NTTPC社調べ、2022年8月現在)利用料金は、予算確保がしやすい定額の「月額課金タイプ」か、時間単位で利用できる「時間従量タイプ」から選択できます。また、両タイプともに初期料金が無料で、最低利用期間はありません。 また、AI・ディープラーニング用途に合わせたライブラリをプリインストールしたインスタンス(GPUリソースの利用単位)を利用するための環境を、コントロールパネルから選択するだけで簡単に構築でき、環境構築の手間を省くことが可能です。 エヌビディア合同会社 パートナー事業部 事業部長 岩永 秀紀氏は「NVIDIAのGPUを導入しやすい価格で提供いただくことにより、日本の企業や大学・研究機関が最新のテクノロジにアクセスしやすくなります。これらがAI開発を加速させ、社会の発展に向けて共に貢献出来ること、また今後強いパートナーシップを推進し、国内で広く活用いただけることを期待しております。」とコメントしています。 リリース:PR TIEMS

関連記事

ページ上部へ戻る