TeraTermを使用したインスタンス接続手順 | GPUSOROBAN


本記事ではTeraTermを使用してGPUSOROBANインスタンスに接続する手順を紹介します。


GPUSOROBAN(高速コンピューティング)は、高性能なGPUインスタンスが業界最安級で使えるクラウドサービスです。
サービスについて詳しく知りたい方は、GPUSOROBANの公式サイトを御覧ください。


  【業界最安級】GPUクラウドサービス| GPUSOROBAN GPUSOROBANは、業界最安級のGPUクラウドサービスです。NVIDIAの高性能GPUを採用し、画像生成AI、大規模言語モデル(LLM)、シミュレーションを高速化します。リモートワークでのCAD、BIM/CIM、CG制作のグラフィック制作にも最適です。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN




TeraTermはOSのバージョンによって、暗号化方式ならびに接続手順が異なりますので、ご注意ください。
本記事には、Ubuntu22.04およびUbuntu18.04におけるそれぞれの手順を掲載しています。
インスタンスに搭載されているOSはこちらより確認できます。

目次[非表示]

  1. 1.<TeraTermのインスタンス接続手順 - Ubuntu22.04の場合>
  2. 2.ECDSA-256秘密鍵の生成(Ubuntu22.04)
  3. 3.ターミナルによるインスタンス接続(Ubuntu22.04)
  4. 4.マクロファイルの設定
  5. 5.インスタンスへの接続(Ubuntu22.04)
  6. 6.<TeraTermのインスタンス接続手順 - Ubuntu18.04の場合>
  7. 7.RSA鍵の生成(Ubuntu18.04)
  8. 8.ターミナルによるインスタンスへのSSH接続(Ubuntu18.04)
  9. 9.マクロファイルの設定
  10. 10.インスタンスへの接続(Ubuntu18.04)


<TeraTermのインスタンス接続手順 - Ubuntu22.04の場合>


ECDSA-256秘密鍵の生成(Ubuntu22.04)


まず秘密鍵の生成の手順を説明します。
Ubuntu22.04では、秘密鍵にECDSA-256キーを使用します。


TeraTermをインストールした後に、TeraTermのアプリを起動します。


TeraTermの接続画面から「キャンセル」を押下します。

TeraTerm接続画面


「設定」タブを押下し、「SSH鍵生成」を選択します。

SSH鍵の生成


「鍵の種類」にECDSA-256を選択し「生成」を押下します。

ECDSA-256鍵の生成


「公開鍵の保存」を押下します。
※「鍵のパスフレーズ」、「パスフレーズの確認」は、空白でOKです。

teraterm


ユーザーディレクトリ直下の.sshディレクトリに公開鍵(id_ecdsa.pub)を保存します。

teraterm


続いて「秘密鍵の保存」を押下します。

teraterm


「空のパスフレーズを使用しますか?」とポップアップ表示されますので、「はい(Y)」を選択します。

teraterm


ユーザーディレクトリ直下の.sshディレクトリに秘密鍵(id_ecdsa)を保存します。

teraterm


ターミナルによるインスタンス接続(Ubuntu22.04)

はじめてGPUSOROBANのインスタンスに接続される方は、事前に会員登録~インスタンス接続手順の記事をご覧ください。

ターミナルを2つ起動させて、それぞれのターミナル上で以下コマンドを実行させてSSH接続します。
1つ目のターミナルを起動し、アクセスサーバーへ接続します。

ssh -L 20122:(インスタンスIPアドレス):22 -l user as-highreso.com -p 30022 -i .ssh\ackey.txt


ターミナルによるインスタンス接続(Ubuntu22.04)


2つ目のターミナルを起動し、インスタンスへ接続します。

ssh user@localhost -p 20122 -i .ssh\mykey.txt


2つ目のターミナルを起動し、インスタンスへ接続


インスタンスへ接続したターミナルにて.sshディレクトリに移動します。

cd .ssh


cd .ssh


authorized_keysファイルをnanoエディターで開きます。

nano authorized_keys


nano authorized_keys


エクスプローラーを開き、先程保存した公開鍵(id_ecdsa.pub)をメモ帳などのエディタで開きます。

teraterm


表示された公開鍵のデータ(文字列)をすべてコピーします。

teraterm


先ほどコピーした公開鍵のデータを、authorized_keysのファイルにペーストします。authrized_keysに記述されているデータを消さずにペーストするように注意してください。
ペースト後、「Ctrl+S」で上書き保存し、「Ctrl+X」でauthorized_keysのファイルを閉じます。

teraterm


マクロファイルの設定

任意のフォルダで、「右クリック」から「新規作成」、「テキストドキュメント」をクリックし、空のテキストファイルを作成します。(本記事では.sshフォルダ内に空ファイルに作成)

teraterm


テキストドキュメントのファイル名を「xxxxx.ttl」に変更してください。本記事では「gpu-instance.ttl」の名称にしています。
※このとき、拡張子まで含めてファイル名を変更することに注意してください。
「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」とポップアップ表示がされますので、「はい(Y)」をクリックしてください。

teraterm


ファイル名の変更が完了したら、このttlファイルを開きます。
次に以下のコードをコピーして、ttlファイルに貼り付けます。

;=========================================================================
;接続先、ユーザー名、パスワード設定
IPADDR = 'as-highreso.com'
KEY_FILE1 = 'C:\Users\(ユーザー名)\.ssh\ackey.txt'
USERNAME = 'user'
IPADDR2 = 'localhost'
KEY_FILE2 = 'C:\Users\(ユーザー名)\.ssh\id_ecdsa'
PORT_FOWARD = '20122:(インスタンスIPアドレス):22'
;=========================================================================
;コマンド組み立て
COMMAND = IPADDR
strconcat COMMAND ':30022 /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE1
strconcat COMMAND ' /F='
strconcat COMMAND ' /ssh-L'
strconcat COMMAND PORT_FOWARD

;接続
connect COMMAND
;=========================================================================
unlink

COMMAND = IPADDR2
strconcat COMMAND ':20122 /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE2

connect COMMAND


ttlファイルに貼り付けた後に、ttlファイルに記述されている項目の「KEY_FILE1」、「KEY_FILE2」、「PORT_FOWARD」を編集します。


「KEY_FILE1」には、アクセスサーバー用秘密鍵(ackey.txt)のパスを入力します。
アクセスサーバー用秘密鍵のファイルを「右クリック」し、「パスのコピー」をクリックすることで、パスをコピーできます。

teraterm


コピーしたアクセスサーバー用秘密鍵のファイルのパスを、ttlファイルの「KEY_FILE1」にペーストします。
※このときパスが、シングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。

teraterm


ttlファイルの「KEY_FILE2」には、TeraTermから生成したインスタンス用秘密鍵(id_ecdsa)のパスが入ります。
インスタンス用秘密鍵のファイルを「右クリック」し、「パスのコピー」をクリックすることで、パスをコピーできます。

teraterm


コピーしたインスタンス用秘密鍵のファイルのパスを、ttlファイルの「KEY_FILE2」にペーストします。
※このときパスが、シングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。

teraterm


ttlファイルの「PORT_ROWARD」には、インスタンスIPアドレスが入ります。
インスタンスIPアドレスは、GPUSOROBANコンパネの「インスタンス管理」から確認できます。

teraterm


PORT_FOWARD= '20122:(インスタンスIPアドレス):22'となるように、ファイルを編集してください。
※IPアドレスを囲っている( )の記号が残らないようにご注意ください。
※数字の両端がシングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。
※インスタンスIPアドレスが変更になった際は、マクロファイルのIPアドレスも修正してください。

teraterm

これでマクロファイルの設定が完了しました。


インスタンスへの接続(Ubuntu22.04)

TeraTermを開き、「コントール」から「マクロ(M)」をクリックします。

teraterm


エクスプローラーがポップアップ表示されますので、先ほど設定したマクロファイルを選択して「開く」をクリックします。

teraterm


その後、自動的にTermの画面が2つ起動します。
1つがアクセスサーバーに接続している画面です。

teraterm


もう1つの画面は、インスタンス接続用の画面になります。
ログイン時に警告がポップアップされますが、「続行」のボタンをクリックします。

teraterm


次の画面が表示されたら、インスタンスへの接続が完了です。

teraterm

以上でUbuntu22.04の場合のインスタンス接続が完了です。


<TeraTermのインスタンス接続手順 - Ubuntu18.04の場合>


インスタンスに搭載されているOSのバージョンによって暗号化方式ならびに接続手順が異なりますのでご注意ください。
本セクションでは、Ubuntu18.04におけるTeraTermのインスタンス接続手順について紹介します。


RSA鍵の生成(Ubuntu18.04)


まず秘密鍵の作成から始めます。
Ubuntu18.04では秘密鍵にRSAキーを使用します。
検索画面にて、TeraTermと入力した後にTeraTermアプリを押下します。

TeraTerm検索画面


TeraTermの接続画面から「キャンセル」を押下します。

TeraTerm接続画面


「設定」タブを押下し、「SSH鍵生成」を選択します。

SSH鍵生成


「鍵の種類」にRSA を選択し「生成」を押下します。

RSA鍵生成


「公開鍵の保存」を押下します。
「鍵のパスフレーズ」と「パスフレーズの確認」はブランクでOKです。

teraterm


ユーザーディレクトリ直下の.sshディレクトリに公開鍵を保存します。

teraterm


「秘密鍵の保存」を押下します。
「空のパスフレーズを使用しますか? 」と警告がでますので、「はい(Y)」をクリックします。

teraterm


ユーザーディレクトリ直下の.sshディレクトリに秘密鍵を保存します。

teraterm


ターミナルによるインスタンスへのSSH接続(Ubuntu18.04)


ターミナルを2つ起動させて、それぞれのターミナル上で以下コマンドを実行させてSSH接続します。


ターミナル1を起動し、アクセスサーバーへ接続します。

ssh -L 20122:(インスタンスIPアドレス):22 -l user as-highreso.com -p 30022 -i .ssh\ackey.txt


ターミナル2を起動し、インスタンスへ接続します。

ssh user@localhost -p 20122 -i .ssh\mykey.txt


インスタンスへ接続


下記コマンドを実行して.sshディレクトリに移動します。

cd.ssh


authorized_keysファイルをnanoエディターで開きます。

nano authorized_keys


エクスプローラーを開き、先程保存した公開鍵(id_rsa.pub)をメモ帳などのエディタで開きます。

teraterm

表示された公開鍵のデータ(文字列)をすべてコピーします。
teraterm

先ほどコピーした公開鍵のデータを、authorized_keysのファイルにペーストします。authrized_keysに記述されているデータを消さずにペーストするように注意してください。
ペースト後、「Ctrl+S」で上書き保存し、「Ctrl+X」でauthorized_keysのファイルを閉じます。
teraterm


マクロファイルの設定


任意のフォルダで、「右クリック」から「新規作成」、「テキストドキュメント」をクリックし、空のテキストファイルを作成します。(本記事では.sshフォルダ内に空ファイルに作成) teraterm


テキストドキュメントのファイル名を「xxxxx.ttl」に変更してください。本記事では「gpu-instance.ttl」の名称にしています。
※このとき、拡張子まで含めてファイル名を変更することに注意してください。
「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」とポップアップ表示がされますので、「はい(Y)」をクリックしてください。

teraterm


ファイル名の変更が完了したら、このttlファイルを開きます。
次に以下のコードをコピーして、ttlファイルに貼り付けます。

;=========================================================================
;接続先、ユーザー名、パスワード設定
IPADDR = 'as-highreso.com'
KEY_FILE1 = 'C:\Users\(ユーザー名)\.ssh\ackey.txt'
USERNAME = 'user'
IPADDR2 = 'localhost'
KEY_FILE2 = 'C:\Users\(ユーザー名)\.ssh\id_rsa'
PORT_FOWARD = '20122:(インスタンスIPアドレス):22'
;=========================================================================
;コマンド組み立て
COMMAND = IPADDR
strconcat COMMAND ':30022 /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE1
strconcat COMMAND ' /F='
strconcat COMMAND ' /ssh-L'
strconcat COMMAND PORT_FOWARD

;接続
connect COMMAND
;=========================================================================
unlink

COMMAND = IPADDR2
strconcat COMMAND ':20122 /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE2

connect COMMAND


ttlファイルに貼り付けた後に、ttlファイルに記述されている項目の「KEY_FILE1」、「KEY_FILE2」、「PORT_FOWARD」を編集します。

「KEY_FILE1」には、アクセスサーバー用秘密鍵(ackey.txt)のパスを入力します。
アクセスサーバー用秘密鍵のファイルを「右クリック」し、「パスのコピー」をクリックすることで、パスをコピーできます。
teraterm


コピーしたアクセスサーバー用秘密鍵のファイルのパスを、ttlファイルの「KEY_FILE1」にペーストします。
※このときパスが、シングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。

teraterm


ttlファイルの「KEY_FILE2」には、TeraTermから生成したインスタンス用秘密鍵(id_rsa)のパスが入ります。
インスタンス用秘密鍵のファイルを「右クリック」し、「パスのコピー」をクリックすることで、パスをコピーできます。
teraterm


コピーしたインスタンス用秘密鍵のファイルのパスを、ttlファイルの「KEY_FILE2」にペーストします。
※このときパスが、シングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。
teraterm


ttlファイルの「PORT_ROWARD」には、インスタンスIPアドレスが入ります。
インスタンスIPアドレスは、GPUSOROBANコンパネの「インスタンス管理」から確認できます。

teraterm


PORT_FOWARD= '20122:(インスタンスIPアドレス):22'となるように、ファイルを編集してください。
※IPアドレスを囲っている( )の記号が残らないようにご注意ください。
※数字の両端がシングルクォーテーション「'」で囲われていることに注意してください。
※インスタンスIPアドレスが変更になった際は、マクロファイルのIPアドレスも修正してください。
​​​​​​​
teraterm

これでマクロファイルの設定が完了しました。


インスタンスへの接続(Ubuntu18.04)

TeraTermを開き、「コントール」から「マクロ(M)」をクリックします。 teraterm


エクスプローラーがポップアップ表示されますので、先ほど設定したマクロファイルを選択して「開く」をクリックします。
teraterm


その後、自動的にTermの画面が2つ起動します。
1つがアクセスサーバーに接続している画面です。

teraterm


もう1つの画面は、インスタンス接続用の画面になります。
ログイン時に警告がポップアップされますが、「続行」のボタンをクリックします。
teraterm


次の画面が表示されたら、インスタンスへの接続が完了です。
teraterm

以上でUbuntu18.04の場合のインスタンス接続が完了です。


本環境には、GPUSOROBAN(高速コンピューティング)のインスタンスを使用しました。
GPUSOROBANは高性能なGPUインスタンスが低コストで使えるクラウドサービスです。
サービスについて詳しく知りたい方は、GPUSOROBANの公式サイトを御覧ください。

MORE INFORMATION

GPUでお困りの方はGPUSOROBANで解決!
お気軽にご相談ください

10日間無料トライアル
詳しい資料はこちら
質問・相談はこちら