catch-img

【Stable Diffusion Web UI】ControlNet Scribbleの使い方

この記事では、ControlNet Scribbleについて解説しています。

ControlNet Scribbleは手書きの線から、きれいな画像を生成することができます。


目次[非表示]

  1. 1.Stable Diffusionとは
  2. 2.Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)とは
  3. 3.ControlNet Scribbleとは
  4. 4.ControlNet Scribbleのインストール
  5. 5.ControlNet Scribbleの使い方
  6. 6.Preprocessorについて
  7. 7.もっと自由な画像生成を
  8. 8.まとめ


Stable Diffusionとは

Stable Diffusionは、無料で使える画像生成AIです。テキストを打ち込むと、それに応じた画像が生成されるしくみです。人物や動物、風景など、さまざまな画像を生成できます。


例えば、「サングラスをかけた猫」と入力するとそのような画像が生成されます。生成する画像のスタイルも多様でイラストや写真、水彩画やアニメ調など、自分の好きなテーマでAIに生成してもらうことができます。

scribble


Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)とは

Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)ブラウザを通じて手軽に画像生成を行える無料のWEBアプリケーションで、Google Chromeなどの主要なブラウザで利用できます。


プログラミングを一切必要とせず、WEB UIによる簡単なグラフィカルな操作が可能です。Stable Diffusion Web UIをローカルPCにインストールして使用する、もしくはクラウドサーバーにインストールして使用します。

scribble


Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)に関する全般的な使い方については、以下の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。


  Stable Diffusion Web UIとは?ダウンロード・インストール・使い方 | 画像生成AI この記事では、画像生成AI Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)のインストール・ダウンロード・使用する方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


ControlNet Scribbleとは

ControlNetはStable Diffusionの拡張機能の一つであり、その機能はContorlNetのモデルによって異なります。

ControlNet Scribbleは手書きの線から、きれいな画像を生成することができます。

scribble


この記事ではScribbleを解説していきます。

Scribble以外のモデルをお探しの方は、以下のContorlNetのまとめ記事をご覧ください。


  【Stable Diffusion Web UI】ControlNetの使い方まとめ+Cannyの紹介 この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)で、ContorlNetをインストールする方法をまとめて紹介しています。併せてControlNetのモデルの1つであるCannyについて紹介します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


ControlNet Scribbleのインストール

ContorlNet Scribbleは、Stable Diffusion Web UIの拡張機能のContorlNetの1つのモデルです。

拡張機能のContorlNetをインストールして、ControlNet Scribbleのモデルを設定することで利用できるようになります。


ContorlNetのインストールおよびモデルの設定方法は以下の記事をご覧ください。


  【Stable Diffusion Web UI】ControlNetの使い方まとめ+Cannyの紹介 この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)で、ContorlNetをインストールする方法をまとめて紹介しています。併せてControlNetのモデルの1つであるCannyについて紹介します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


上記記事にControlNet Scribbleモデルのダウンロード手順が含まれます。

[control_v11p_sd15_scribble_fp16]がScribbleのモデル名になります。


ControlNet Scribbleの使い方

ControlNet Scribbleの使い方は以下の手順のとおりです。

Stable Diffusion Web UIの[txt2img]のタブを開きます。

  1. [ControlNet v****]の[◀]ボタンをクリックし、メニューを開きます。
  2. [Single Image]の[ここに画像をドロップ -または-クリックしてアップロード]に、元画像をアップロードします。
  3. [Enable]にチェックを入れます。
  4. [Scribble/Sketch]にチェックを入れます。
  5. [Preprocessor]のプルダウンメニューから[scribble_pidinet]を選択します。
  6. [Model]の横にある[更新]アイコンをクリックします。
  7. [Model]のプルダウンメニューから[control_v11p_sd15_scribble_fp16]を選択します。
  8. 特徴抽出をする[💥]のアイコンをクリック

scrrible


任意のモデル・プロンプト・生成パラメータを設定し、[Generate]ボタンをクリックします。
使用したプロンプト、生成パラメータ、モデル情報は以下のとおりです。

(プロンプト)
black wearing

(生成パラメータ)
Steps: 20, Sampler: DPM++ 2M Karras, CFG scale: 7, Seed: 955557797, Size: 512x768, Model hash: 835487e6da, Model: etherBluMix_etherBlueMix6, VAE hash: 63aeecb90f, VAE: vae-ft-mse-840000-ema-pruned.safetensors, ControlNet 0: "Module: scribble_pidinet, Model: control_v11p_sd15_scribble_fp16 [4e6af23e], Weight: 1, Resize Mode: Crop and Resize, Low Vram: False, Processor Res: 512, Guidance Start: 0, Guidance End: 1, Pixel Perfect: False, Control Mode: Balanced, Hr Option: Both, Save Detected Map: True", Version: v1.7.0


右が[元画像]、真ん中が[抽出した線]、右が[生成画像]になります。

scribble


Preprocessorについて

各プリプロセッサの違いは以下のとおりです。

scribble


線の細かさや、顔のパーツまで線を含むかの違いがあります。

  • scribble hed:線粗め、顔のパーツの線まで抽出
  • scribble pidnet:線粗め、顔のパーツを抽出
  • t2ia sketch pidi:pidnetとxdogの中間の細かさ
  • scribble xdog:線細かい、顔のパーツを抽出


もっと自由な画像生成を

Stable Diffusionを実行する環境で、次のような悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 画像生成が遅い
  • 使いたいGPUが使えない
  • GPUメモリ(VRAM)が足りない
  • ランタイムがリセットされる度にデータが消えるため、設定のやり直しが大変
  • 画像データのバックアップが面倒
  • Web UIの起動に時間がかかる
  • コンピューティングユニットの制限がストレス
  • 動作が不安定

制限を気にせず、高速かつ格安に画像生成がしたいなら、GPUクラウドサービス「GPUSOROBAN」がおすすめです。


  生成AIに最適なGPUクラウド「高速コンピューティング」|GPUSOROBAN GPUSOROBANの高速コンピューティングは、NVIDIAの高速GPUが業界最安級で使えるクラウドサービスです。NVIDIA A100を始めする高速GPUにより、画像生成AI、大規模言語モデルLLM、機械学習、シミュレーションを高速化します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


まとめ

この記事では、Stable Diffusion Web UIでContorlNet Scribbleを使用する方法を紹介しました。

ControlNet Scribbleは、手書きの線から、きれいな画像を生成することができます。

Stable DiffusionやControlNetに関する記事を以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。


  【Stable Diffusion Web UI】ControlNetの使い方まとめ+Cannyの紹介 この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)で、ContorlNetをインストールする方法をまとめて紹介しています。併せてControlNetのモデルの1つであるCannyについて紹介します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


  Stable Diffusion Web UIとは?ダウンロード・インストール・使い方 | 画像生成AI この記事では、画像生成AI Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)のインストール・ダウンロード・使用する方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


MORE INFORMATION

GPUでお困りの方はGPUSOROBANで解決!
お気軽にご相談ください

10日間無料トライアル
詳しい資料はこちら
質問・相談はこちら