catch-img

【Stable Diffusion Web UI】GPUSOROBANにインストールして使う方法(Ubuntu) | AUTOMATIC1111版

この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)をGPUSOROBANで使う方法を紹介しています。


目次[非表示]

  1. 1.Stable Diffusionとは
  2. 2.Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)とは
  3. 3.Forge版とAUTOMATIC1111版の違い
  4. 4.GPUSOROBANとは
  5. 5.GPUSOROBANでStable Diffusion WebUIを使う方法
  6. 6.GPUSOROBANに会員登録
  7. 7.電話番号認証
  8. 8.クレジットカード登録手順
  9. 9.インスタンス作成
  10. 10.秘密鍵の設置
  11. 11.アクセスサーバー用秘密鍵の設置
  12. 12.VSCodeのインストール
  13. 13.VSCodeによるインスタンスへのSSH接続
    1. 13.1.インスタンスの起動
    2. 13.2.Remote SSHのインストール
    3. 13.3..ssh/configファイルの設定
    4. 13.4.VSCodeからインスタンスに接続
  14. 14.VS Codeのインスタンス接続によるお問い合わせについて
  15. 15.Stable Diffusion Web UIのインストール
    1. 15.1.importlib.metadataエラーが起きる場合
  16. 16.Stable Diffusion WebUIの起動方法(2回目以降)
  17. 17.動作確認
  18. 18.生成した画像の保存・ダウンロード
  19. 19.インスタンスのファイル操作・ファイル転送
  20. 20.インスタンスのストレージの空き容量を確認する方法
  21. 21.Stable Diffusion WebUIの終了方法
  22. 22.モデル・LoRA・VAE・拡張機能の使い方
  23. 23.まとめ


Stable Diffusionとは

Stable Diffusionは、無料で使える画像生成AIです。テキストを打ち込むと、それに応じた画像が生成されるしくみです。人物や動物、風景など、さまざまな画像を生成できます。

例えば、「サングラスをかけた猫」と入力するとそのような画像が生成されます。生成する画像のスタイルも多様でイラストや写真、水彩画やアニメ調など、自分の好きなテーマでAIに生成してもらうことができます。

sd-soroban


Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)とは

Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)ブラウザを通じて手軽に画像生成を行える無料のWEBアプリケーションで、Google Chromeなどの主要なブラウザで利用できます。プログラミングを一切必要とせず、WEB UIによる簡単なグラフィカルな操作が可能です。

Stable Diffusion Web UIをローカルPCにインストールして使用する、もしくはクラウドサーバーにインストールして使用します。


この記事ではAUTOMATIC1111版のインストール方法を解説していきます。

sd-soroban


Stable Diffusion Web UIに関する全般的な使い方については、以下の記事でまとめていますので、あわせてご覧ください。


  Stable Diffusion Web UIとは?ダウンロード・インストール・使い方 | 画像生成AI この記事では、画像生成AI Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111版・Forge版)のインストール・ダウンロード・使用する方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


Forge版とAUTOMATIC1111版の違い

Stable Diffusion Web UI(Forge版)は、Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111版)と類似したWeb UIになります。 AUTOMATIC 1111版と比較して、Forge版はVRAMを節約でき、画像生成の速度が向上しています。

Forge版はAUTOMATIC1111版とほぼ同じ画面(WebUI)になりますので、AUTOMATIC1111版と同じ操作感で利用できます。


Forge版に比べて歴史が長く、ドキュメントが豊富なAUTOMATIC1111版の方が、現時点では安定して使いやすいと思います。一方でVRAM・GPUメモリの不足でお困り場合は、Forge版をおすすめしています。

VRAMが6GB~8GBの場合は、Forge版の効果が見られますが、それ以上のVRAMを使用している場合は、目立った効果を感じられませんので、ご注意ください。


Forge版をGPUSOROBANにインストールする方法は、以下の記事で詳しく解説しています。


  【Stable Diffusion WebUI】Forge版をGPUSOROBANにインストールして使う方法(Ubuntu) この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111版) を高速化したStable Diffusion WebUI(Forge版)をGPUSOROBANにインストールする方法を解説しています。AUTOMATIC 1111版と比較して、Forge版はVRAMを節約でき、画像生成の速度が向上しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


GPUSOROBANとは

GPUSOROBANは1時間50円から使える業界最安級のGPUクラウドサービスです。


AWSやGCP、AzureのGPUクラウドと比較して50%~70%安い料金で、ハイスペックなNVIDIA GPUが使えます。Google ColabのようにGPU使用量の制限やランタイムリセット時にデータが削除される制限がありません。


GPUに特化したシンプルなサービスで、クラウドサーバー(インスタンス)の設定は3分程度で完了します。データ転送料やストレージコストもインスタンス利用料に含まれており、明瞭な料金体系になります。


国内最上位のNVIDIAエリートパートナーに認定され、日本人による技術サポートも無料で受けられます。


  生成AIに最適なGPUクラウド「高速コンピューティング」|GPUSOROBAN GPUSOROBANの高速コンピューティングは、NVIDIAの高速GPUが業界最安級で使えるクラウドサービスです。NVIDIA A100を始めする高速GPUにより、画像生成AI、大規模言語モデルLLM、機械学習、シミュレーションを高速化します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


GPUSOROBANでStable Diffusion WebUIを使う方法

GPUSOROBANでStable Diffusion WebUIを使う方法は、以下の流れになります。

  • GPUSOROBANに会員登録
  • インスタンス作成
  • VScodeのインストール
  • インスタンス接続
  • Stable Diffusion WebUIのインストール・起動


GPUSOROBANに接続するローカルPCは低スペックで問題ありません。
ローカルPCのOSは、Windows・MacのどちらでもOKです。


GPUSOROBANに会員登録

WEBブラウザからGPUSOROBANの公式サイトにアクセスし、[無料会員登録]のボタンをクリックします。

register1


会員登録画面において[フォーム項目]を入力します。

利用規約に同意の上、[利用規約ならびにプライバシーポリシーに同意します]にチェックを入れ

[登録]ボタンをクリックします。

register2


登録ボタンのクリック後、[登録完了]の表示がされたら、登録申請完了です。

register3


登録したメールアドレスに確認用メールが送付されます。

登録したメールアドレス確認用メールが届きますので、メールに記載されている[URL]をクリックしてください。

register5


メールアドレスの確認が完了しましたら、確認完了の画面に遷移します。

[ログイン]をクリックし、ログイン画面に移ります。

メールアドレス確認完了


登録した[メールアドレス]と[パスワード]を入力後、[ログイン]をクリックします。

register6


電話番号認証

ログイン後、[電話番号認証]の画面が表示されますので、携帯電話の[電話番号]を入力し[電話番号送信]ボタンをクリックしてください。

法人様で携帯電話の番号登録ができない場合は、サポート窓口(soroban_support@highreso.co.jp)までご連絡ください 。

register7


入力した電話番号にSMSで確認コードが送られます。

[確認コード(6桁)]にSMSで送られてきた確認コードを入力し、[確認コード送信]ボタンをクリックします。

register8


確認コードを送信後に、お支払い方法を設定します。


クレジットカード登録手順

お支払い方法はクレジットカード払いと請求書払いの2つがあります。

ここではクレジットカード払いの設定方法を説明します。請求書払いをご希望の方は、サポート窓口(soroban_support@highreso.co.jp)までご連絡ください。


[お支払い方法]のセクションから、[クレジットカード]のボタンをクリックします。

register9


[クレジットカード新規登録]のセクションに、"クレジットカード情報"を入力後、[カード情報登録]ボタンをクリックします。

register11


[クレジットカード情報登録]のセクションに、登録したカード情報が表示されたら、クレジットカードの登録が完了です。

register12


インスタンス作成

支払い設定が完了したら、インスタンスを作成します。インスタンスとは仮想サーバーのことで、インターネット上で使えるハイスペックなパソコンのようなものです。


サイドバーから[インスタンス作成]をクリックし、[インスタンス名]を入力します。

sd-soroban


[インスタンス名]のセクションにおいて、任意のインスタンス名を入力します。

sd-soroban


[サービスを選択]のセクションにおいて、"高速コンピューティング"を選択します。

sd-gpusoroban


[GPUを選択]のセクションにおいて、インスタンスの"OSタイプおよびハードウェア構成"を選択します。

※ハードウェア構成によって、初回無料利用枠の有無がありますので、ご注意ください。

sd-soroban


[ストレージを選択]のセクションにおいて、ストレージの容量を選択します。

sd-soroban


[OSバージョンを選択]のセクションで、インスタンスで使用するOSのバージョンを選択します。

sd-soroban


[ソフトウェアを選択]のセクションにおいて、インスタンスにプリインストールするソフトウェアを選択します。

Pythonは3.10、Pytorchが含まれるソフトウェアの選択を推奨しています。

Python 3.6のソフトウェアを選択する場合は、Stable Diffusion Web UIを起動する際に[importlib.metadata]のエラーがでますので、インスタンス接続後に以下の手順に沿ってPythonのアップデートを行ってください。

  Minicondaを使用したPython仮想環境の構築 | GPUSOROBAN 本記事ではGPUSOROBANのUbuntuインスタンスにMiniconda環境を構築してPythonをインストールする手順を紹介します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


sd-gpusoroban


[料金プランの選択]のセクションにおいて、"従量課金"もしくは"月額課金"を選択します。

従量課金の場合は1時間単位で課金され、月額課金の場合は1ヶ月単位で課金されます。

sd-soroban


[インスタンス用秘密鍵を選択]のセクションにおいて、任意の"秘密鍵の名称"を入力し、[作成]ボタンをクリックします。

sd-soroban


インスタンスに接続する際に使用する秘密鍵を選択し、[確認画面に移る]ボタンをクリックします。

sd-soroban


[インスタンス作成の確認]のセクションで、選択した内容を確認し、[作成]ボタンをクリックします。

sd-soroban


作成完了後、インスタンスの[ステータス]は[停止中]になりますので、課金は開始していない状態です。

sd-soroban


秘密鍵の設置

インスタンスに接続するための認証に、秘密鍵を使用します。秘密鍵はローカルPCの[.sshフォルダ]への格納する必要があります。


ローカルPCからアクセスサーバーを経由してインスタンスに接続します。そのため認証するための秘密鍵は2つあり、[アクセスサーバー用秘密鍵]と[インスタンス接続用秘密鍵]を使用します。

register33


アクセスサーバー用秘密鍵の設置

サイドバーの[インスタンス管理]をクリックし、[インスタンスへの接続方法]のセクションで、[アクセスサーバー用秘密鍵ダウンロード]ボタンをクリックします。

sd-soroban


次に[ダウンロードする秘密鍵を選択]のプルダウンメニューから、[作成済みのインスタンス用秘密鍵の名前]を選択し、[インスタンス用秘密鍵ダウンロード]ボタンをクリックします。

sd-soroban


ダウンロードしたアクセスサーバー用秘密鍵[ackey.txt]およびインスタンス用秘密鍵[mykey.txt]をローカルPCの[.sshフォルダ]に格納します。

sd-soroban

.sshフォルダの置かれている場所は、以下のとおりです。

Windowsの場合
[C:\Users\sample_user.ssh]


Macの場合
[/Users/sample_user/.ssh]

※sample_userには、実際のユーザー名が入ります。


.sshフォルダが見当たらない場合は、エクスプローラーを開いた後に、表示>表示>隠しファイルをクリックし、.sshフォルダが表示されるか確認します。

stablediffusion


.sshフォルダが存在しない場合は、sample_userフォルダの配下に新しいフォルダを作成します。フォルダ名は「.ssh」としてください。(sshの頭に「.」をつけますのでご注意ください)


.sshフォルダに秘密鍵を格納するときに、
アクセスサーバー用秘密鍵のファイル名が[ackey.txt]
インスタンス用秘密鍵のファイル名が[mykey.txt]になっていることを確認してください。
register36


VSCodeのインストール

ローカルPCに無料のエディタのVScodeをインストールします。

VSCodeからインスタンスに簡単なマウス操作で接続することができます。


※この記事ではVSCodeの使用を推奨しておりますが、VSCodeを使用せずにコマンドプロンプト(ターミナル)でインスタンスに接続をしたい方は、以下の記事をご覧ください。


  会員登録~インスタンス作成手順 | GPUSOROBAN GPUSOROBANの会員登録からインスタンス作成・接続までの手順を詳しく解説する記事です。会員登録、電話番号認証、SSHキー作成、インスタンスの作成、キーの設置、ターミナルからのインスタンス接続までの流れを説明しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


以下のVSCodeのサイトにアクセスし、インストーラーをダウンロードします。


  Visual Studio Code - Code Editing. Redefined Visual Studio Code is a code editor redefined and optimized for building and debugging modern web and cloud applications.  Visual Studio Code is free and available on your favorite platform - Linux, macOS, and Windows. https://code.visualstudio.com/


sd-soroban


ご自身に合ったタイプのOSを選択し、インストーラーをダウンロードします。
※この記事ではOSのタイプWindowsを選択しています。

sd-soroban


ダウンロードしたインストーラーを起動します。
マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を確認した後に[同意する]を選択し、[次へ]を押下します。

sd-soroban


実行する追加タスクを選択した後に[次へ]をクリックします。
※この記事では[デスクトップ上にアイコンを作成する]を選択しています。

sd-soroban


インストール準備完了画面にて、[インストール]をクリックします。

sd-soroban


セットアップが完了するまでしばらく待機します。

sd-soroban


Visual Studio Code セットアップウィザードの完了画面にて、[完了]をクリックします。

sd-soroban


VSCodeによるインスタンスへのSSH接続

インスタンスの起動

GPUSOROBANのコントロールパネルにログインし、サイドバーから[インスタンス管理]を開き、[起動]ボタンをクリックしインスタンスを起動します。

sd-soroban


インスタンス情報のダイアログが表示されますので、[起動する]ボタンをクリックします。

sd-soroban


インスタンスが起動されるまでの間、[ステータス]に[pending]の表示がされます。pendingは数分継続することがありますが、課金は発生しない状態です。
sd-soroban

10分以上経過しても起動が完了しない場合はお手数ですが、サポート窓口(soroban_support@highreso.co.jp )までお問合せください。


[ステータス]に[起動中]の表示がされたら、インスタンスの起動が完了です。インスタンス起動完了と同時にインスタンスの[IPアドレス]が表示されますので、IPアドレスを控えておきます。

sd-soroban


Remote SSHのインストール

ローカルPCからインストールしたVSCodeを検索して開きます。

sd-soroban


サイドバーの[拡張機能]アイコンをクリックし、[拡張機能の検索窓]を開きます。[検索窓]に”remote ssh”と入力すると、[Remote - SSH ]が表示されるので、[Install]ボタンをクリックします。

sd-soroban


.ssh/configファイルの設定

Remote-SSHのインストールが完了するとサイドバーに[リモートエクスプローラー]のアイコンが追加されます。

[リモートエクスプローラー]のアイコンをクリックした後に、[SSH]の項目にある[歯車]アイコンをクリックします。

[歯車]アイコンをクリックすると[コマンドパレット]が表示されるので「C:\User\ユーザー名.ssh\config」をクリックします。

sd-soroban


confgファイルが開かれますので、以下のコードをコピペします。

  • <instance-name>に任意の名称を入力します。
  • <IP-adress>に先ほど控えておいたインスタンスのIPアドレスを入力します。
  • [Ctrl] + [S]キーを押して保存をします。


(ローカルPCがWindowsの場合)

Host <instance-name>
  HostName <IP-address>
  Port 22
  User user
  IdentityFile ~/.ssh/mykey.txt
  ProxyCommand C:\Windows\System32\OpenSSH\ssh.exe -W %h:%p -i .ssh\ackey.txt -p 30022 user@as-highreso.com
  LocalForward 7860 localhost:7860

sd-soroban

※"~/.ssh/mykey.txt"はインスタンス用秘密鍵のファイルパスです。
※".ssh\ackey.txt "アクセスサーバー用秘密鍵のファイルパスです。

※HostName<IP-address>の<>は入力しないようお願いします。


[Ctrl] + [Shift] + [P]でコマンドパレットを表示し、検索窓に"reload window"を入力すると、[Developer:Reload Window]が表示されるので、これをクリックしてリロードします。

VSCode


(ローカルPCがMac・Linuxの場合)

Host <instance-name>
  HostName <IP-adress>
  Port 22
  User user
  IdentityFile ~/.ssh/mykey.txt
  ProxyCommand ssh -W %h:%p -i ~/.ssh/ackey.txt -p 30022 user@as-highreso.com
  LocalForward 7860 localhost:7860

stablediffusion

※"~/.ssh/mykey.txt"はインスタンス用秘密鍵のファイルパスです。
※".ssh\ackey.txt "アクセスサーバー用秘密鍵のファイルパスです。

※HostName<IP-address>の<>は入力しないようお願いします。


[Ctrl] + [Shift] + [P]でコマンドパレットを表示し、検索窓に"reload window"を入力すると、[Developer:Reload Window]が表示されるので、これをクリックしてリロードします。

Stablediffusion


インスタンスのIPアドレスは、[GPUSOROBANコンパネ]の[インスタンス管理]、[インスタンス一覧]、[IPアドレス]からコピーします。

sd-soroban


[Ctrl] +[ Shift] + [P]キーを押して、コマンドパレットを表示し、[検索窓]に"reload window"を入力すると、「Developer:Reload Window」が表示されるので、これをクリックしてリロードします。

sd-soroban


VSCodeからインスタンスに接続

サイドバーから[リモートエクスプローラー]のアイコンをクリックし、[SSH]の項目をクリックすると、Configに設定したインスタンスのHost名が表示されます。(この記事ではstable-diffusionのHost名が表示されています。)

sd-soroban


Host名の右の矢印ボタンをクリックするとインスタンスへの接続が開始されます。
 コマンドパレットに表示される[Linux]、[Continue]を順にクリックします。

sd-soroabn

sd-soroban


[ヘッダー]から[View]、[Terminal]を順にクリックします。

ショートカットキーを使う場合は、[Ctrl]+[@]キーでもターミナルの画面に切り替えられます。
sd-gpusoroban


user@<インスタンス名>:~$が表示されたら、インスタンスへの接続が完了です。

sd-gpusoroban


接続エラーになる場合はインスタンス接続のトラブルシューティングの記事をご参照ください。

  インスタンス接続に関するトラブルシューティング | GPUSOROBAN 本記事は、GPUSOROBAN(高速コンピューティング)のインスタンスへの接続に関するトラブルシューティングについて紹介しています。接続できない場合の確認ポイントやSSHセッションの途切れ対策などを詳述しています。VScodeを使用してSSH接続を簡略化する方法も紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN



VS Codeのインスタンス接続によるお問い合わせについて


VS Codeのインスタンス接続によるエラーのお問い合わせの際は下記の3点をご一緒にお送りください。


①VSCodeヘッダーの[View]、[OUTPUT]を順にクリックしたあとに、添付のプルダウンメニューから[Remore-SSH]を選択したあとのログ

stablediffusion


②.ssh/configファイル

stablediffusion


③接続元OS(Windowsやmacなど)の種類

stablediffusion


Stable Diffusion Web UIのインストール

インスタンスに接続した状態で、VScodeのターミナルから次のコマンドを実行し、パッケージの更新をします。

コマンドをコピペして、[Enter]キーを押すと実行されます。

sudo apt update

sd-soroban

次のコマンドを実行し、必要なライブラリをインストールします。

sudo apt install -y  wget git python3 python3-venv libglib2.0-0

sd-soroban


次のコマンドを実行し、Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)のリポジトリをインスタンスに複製します。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui

sd-soroban


stable-diffusion-webuiのディレクトリに移動します。

cd stable-diffusion-webui

sd-soroban


webui-user.shファイルを開きます。

nano webui-user.sh

sd-soroban


開いたwebui-user.shファイルに、次の2つのコマンドを追加します。

export COMMANDLINE_ARGS="--autolaunch --xformers"
export TORCH_COMMAND="pip install torch==2.1.0 torchvision==0.16.0 torchaudio==2.1.0 --index-url https://download.pytorch.org/whl/cu118 xformers==0.0.22.post7"

sd-soroban

stable-diffusion-gpusoroban


編集後は、[Ctrl] + [S]キーを押して変更を保存します。
[Ctrl] + [X]キーを押してファイル編集モードから元のコマンドラインに戻ります。


次のコマンドでアクセス権を変更します。

chmod 755 webui-user.sh

sd-soroban


webui-user.shファイルを実行します。

bash webui-user.sh

sd-soroban


webui.shファイルを実行し、stable-diffusion-webuiを起動します。
初回はインストール作業に時間がかかりますが、2回目以降はすぐに起動できるようになります。

bash webui.sh

sd-soroban


「Running on local URL: http://127.0.0.1:7860」の表示されたら、stable-diffusion-webuiの起動が完了です。

sd-soroban


自動的にブラウザにStable DiffusionのWebUIが表示されます。

sd-soroban


自動的に表示されない場合は、[localhost:7860]をブラウザのアドレスバーに入力し[Enter]キーを押すと表示されます。

sd-soroban


以上で、Stable Diffusion WebUIのインストールが完了です。


Stable Diffusionが[loading]表示のまま停止した際に、Webブラウザのアドレスバーに[localhost:7861]と表示されている場合があります。この場合[localhost:7860]へ手動変更して[Enter]キーを押すと、Stable Diffusion Web UIを起動することができます。


importlib.metadataエラーが起きる場合

Stable Diffusion Web UIを起動する際に[importlib.metadata]のエラーが出る場合は、古いStable Diffusionを削除した後に以下の手順に沿ってPythonのアップデートをして、新たにStable Diffusionをインストールしてください。


[stable-diffusion-webuiディレクトリの削除]

rm -rf stable-diffusion-webui


Python仮想環境の構築手順はこちらをご確認ください。

  Minicondaを使用したPython仮想環境の構築 | GPUSOROBAN 本記事ではGPUSOROBANのUbuntuインスタンスにMiniconda環境を構築してPythonをインストールする手順を紹介します。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN





Stable Diffusion WebUIの起動方法(2回目以降)

Stable Diffusion WebUIを2回目以降に起動する方法は、インスタンスに接続した状態で、VScodeのターミナルで次のコマンドを実行してください。

cd stable-diffusion-webui
bash webui.sh

sd-webui


動作確認

[Prompt]に”cat wearing sunglasses”と入力して、[Gerenate]をクリックすると、[サングラスをかけた猫]の画像が出力されました。

sd-soroban

詳しい画像生成の方法は以下の記事で解説しています。


  Stable Diffusion WebUIのインストール・使い方(初心者ガイド) この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)を使う方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


生成した画像の保存・ダウンロード

生成された画像の下に[保存のアイコン]がありますので、これをクリックすると生成した画像をインスタンスに保存できます。

sd-soroban


保存した画像の確認方法は次の項をご覧ください。


インスタンスのファイル操作・ファイル転送

インスタンスへファイルをアップロードしたり、ダウンロードする方法を紹介します。

VScodeのサイドバーの[Remote Explorer]アイコンを開き、[SSH]をクリックし、矢印の横にある[New Window]アイコンをクリックします。

※矢印ではなく[New Window]アイコンを開くように注意してください。

sd-soroban


サイドバーの[Explorer]アイコンをクリックし、[Open Folder]のボタンをクリックします。

sd-soroban


[コマンドパレット]横に表示される[OK]ボタンをクリックします。
警告がポップアップ表示されますので、[Yes, I trust the authors]をクリックします。

sd-soroban


インスタンス内のディレクトリ構造が表示されています。
[stable-diffusion-webui]のディレクトリをクリックすると、中のディレクトリ群が確認できます。

sd-soroban


先ほど保存した生成画像は、インスタンスの [stable-diffusion-webui] >[outputs]>[txt2img-images] ディレクトリに格納されています。

sd-soroban


ダウンロードしたいファイルにカーソルをあてて、[右クリック]から[コンテキストメニュー]を開き、[Download]をクリックすると、ファイルをローカルPCにダウンロードできます。

sd-soroban


ローカルPCのファイルを選択し、VScodeに表示されているインスタンスのディレクトリへ「ドラッグ&ドロップ」することで、ファイルをインスタンスへアップロードすることもできます。
sd-soroban


[ファイル]アイコンに[時計]マークが表示されている間は、ファイルアップロード中になります。
アップロードが完了したら[時計マーク]が消えます。

sd-soroban


インスタンスのストレージの空き容量を確認する方法

インスタンスのストレージ容量を確認する方法を紹介します。

次のコマンドをインスタンス内で実行し、ストレージの使用量・空き容量を確認できます。

df -h

    stablediffusion

    表示されている各項目は以下に説明しています。

    ※ストレージは[Mounted on]列に表示されているルートディレクトリ( / )に割当てられています

    • [Filesystem] ファイルシステムの名前
    • [overlay] インスタンスに割り当てられたストレージ
    • [Size] ストレージの全容量
    • [Used] ストレージの使用量
    • [Avail] ストレージの空き容量
    • [Use%] ストレージの使用率


    Stable Diffusion WebUIの終了方法

    VScodeのインスタンスに接続しているターミナルで、[Ctrl]+[Shift]+[P]を押して、[コマンドパレット]を表示します。

    コマンドパレットに”close”と入力し、候補表示から[Remote:Close Remote Connection]をクリックすると終了します。

    sd-soroban


    インスタンスを停止する場合は、GPUSOROBANのコントロールパネルから、インスタンスの[停止]ボタンを押してください。

    sd-soroban


    モデル・LoRA・VAE・拡張機能の使い方

    モデル(checkpoint)、追加学習モデル(LoRA)、VAE、拡張機能などの詳しい使い方については、以下の記事にまとめて解説しています。


      Stable Diffusion WebUIのインストール・使い方(初心者ガイド) この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)を使う方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


    まとめ

    この記事では、GPUSOROBANでStable Diffusion Web UIを使う方法を紹介しました

    GPUSOROBANでは制限を気にせず、高速かつ格安に画像生成をすることができます。

    Stable Diffusionに関する記事を以下のページでまとめていますので、あわせてご覧ください。


      Stable Diffusion WebUIのインストール・使い方(初心者ガイド) この記事では、Stable Diffusion WebUI(AUTOMATIC1111)を使う方法をまとめて紹介しています。 業界最安級GPUクラウド | GPUSOROBAN


    MORE INFORMATION

    GPUでお困りの方はGPUSOROBANで解決!
    お気軽にご相談ください

    10日間無料トライアル
    詳しい資料はこちら
    質問・相談はこちら